私の人生を変えたアフリカへの最初の旅

筆:シャプレカ・クラーク
エルーセラ・ローターアクトクラブ(バハマ)

2016年10月19日、 第11回西アフリカプロジェクトフェアに参加するため、バハマから18時間飛行に乗り、ついにナイジェリアのポートハーコートに到着しました。最初にアフリカの大地に降り立った時、私は一生の友に会い、人生を永遠に変える冒険をすることになるとは、思ってもいませんでした。飛行機から降りた時、とても興奮していましたが、少し不安でもありました。

カリフォルニア州のランチョコタティ・ロータリークラブの支援を得て、私は、米国とバハマから 34人のロータリアンとローターアクターの一人として、この旅に参加することができました。ポートハーコートでは、プロジェクトフェアの一環として、地元の学校に医薬品を無料で提供し、また学生にリュックサックを配布しました。歴史的名所も訪問し、さまざまな地元の食べ物も味わいました。

旅の目的であった西アフリカプロジェクトフェアでは、ロータリアンがアフリカで行っているいろいろなプロジェクトを知ることができました。また、興味のあるプロジェクトを支援するパートナーシップを形成することもできました。フェアに参加する中、私は、バハマ、カリフォルニア、ナイジェリアのイエナゴアのローターアクターとロータリアンと共に、遠隔医療プロジェクトの発表をしました。遠隔医療により、医療が不十分な地域の医師が、カリフォルニアにいる医師に、診断や治療計画の相談ができるようになります。遠く離れたところにいても、医師は、遠隔医療により、いつでも別の指導医に相談したり、研修を受けたりすることができるのです。私たちのブースはこのプロジェクトについて発表し、アフリカにあるロータリークラブが、米国のクラブとの新たなパートナーシップを形成し、プロジェクトに参加することを推進しました。

最も良い思い出になったのは、世界ポリオデーでした。私たちのグループは、地元のロータリアンやローターアクターと共に、朝早くから、ポートハーコートの街を1キロ歩きました。これに参加したことで、ポリオの認識を高めることができただけでなく、街をよく見ることができました。パラサッカーの選手たちも一緒に私たちと歩いてくれました。そして、一日の終わりに私たちもパラサッカーの試合に参加しました。パラサッカーは障害を持つ人たちが、世界で働ける仕組みとして役立っています。障害があってもサッカーをする人たちを見ているだけで、感動的でした。

歩いた後、ポートハーコートのポリオ予防接種保健センターを訪問した私たちは、5歳未満の子どもたちに、ポリオのワクチンを投与しました。子どもに予防接種をし、ナイジェリアのポリオ撲滅に一歩近づく助けをしたことは、私にとって忘れられない一生の思い出になりました。

スライドショーには JavaScript が必要です。

この旅に参加したおかげで、ロータリーが、世界の別の国々で、いかに重要な役割を担っているかを理解することができました。私は、今回、西アフリカのロータリアン、ローターアクターたちと、地域社会で実際に作業を行い、最高の友情を築き、そして、人道支援、健康関連の仕事に参加する機会に恵まれました。それは、私にとって、人生を変える体験でした。

2017 年の西アフリカプロジェクトフェアは、ガーナのアクラで、2017年10月4~11日に開催予定です。詳細は、www.rotarywestafricaprojectfair.orgをご覧ください。
登録:registration@rotarywestafricaprojectfair.org

多様性を認識し、尊重する

筆:ロータリー奉仕コネクション担当部 アズカ・アシフ

ロータリーでは、背景・文化・職業の異なる会員が世界中で集まり親睦活動を行っています。お互いの違いを認め、尊重することこそが、ロータリーコミュニティの強みなのです。ロータリアンはお互いの独自な観点や専門知識を生かし、世界で最も切実な人道上の課題の一つ、より平和な世界を実現することに取り組んでいます。

ロータリーファミリーは、時間、エネルギー、そして熱意を持って、地域コミュニティを支援することに尽力しています。奉仕プロジェクト、平和フェローシップ、奨学金、国際交流を通じて、会員は、平和と国際理解を促進するために活動しています。以下にその数例をご紹介します。

  • フィリピンのマリキナ・ロータリークラブは、世界平和を推進するためにアイデア交換を行う平和フォーラムを開催しました。地元のロータリークラブは、ロータリーの独自なアプローチである奉仕を通じ、世界平和をいかに推進できるかを話し合う半日のフォーラムに参加しました。
  • 米国ニュージャーシー州、ブランチバーグタウンシップ・ロータリークラブは、異なる宗教の人びとを夕食に招き、多様性表彰式を開催しました。クラブは、平和を共通の価値観としてもち、礼節をわきまえ、グローバルおよび地域社会の意識向上に努める個人、企業、地域コミュニティ組織を表彰しました。この取り組みにより、コミュニティのリーダーと、ロータリーファミリーが、親善を深め、平和を促進する努力をしています。
  • ドイツのラドルフツェル・ヘガウと、トルコのイスタンブールシスリのロータリークラブが提携し、音楽の大学留学生交換制度を提供します。クラブは、国際・文化交流や相互理解を促進することを目的としており、留学生は、国際的言語である音楽を勉強し、留学中、それぞれの国や文化を理解し、国と国の隔たりを埋め、新しい友情を生み出そうとしています。
  • トルコのブルサ・ウルダグ・ ロータリークラブは、トルコの最も貧しい地区の一つで500人の恵まれない子どもたちが犯罪に手を染めないように、音楽教育を推進しようとしています。クラブは、子どもたち一人ひとりに楽器を提供し、音楽センターを設立したいと考えています。このセンターは、音楽を学びたいすべての子どもが差別なく利用できます。この音楽コミュニティの一員になることによって、子どもに帰属意識、自尊心や自信が生まれます。
  • インドでは、 ムソーリ・ロータリークラブが、瞑想の会を開催し、精神的、肉体的に日々のストレスに苦しむ人びとに瞑想がどのような効果をもたらすか、基本的な概念を話し合いました。

2 月はロータリーの「平和と紛争予防/紛争解決月間」となっており、世界平和促進のために行動する絶好の機会となります。ほかのクラブや地区の奉仕プロジェクトからヒントを得るため、平和と紛争解決について、ストーリー(成功例)をお読みください。また、ロータリーショーケースにご自分のクラブのプロジェクトを掲載したり、My ROTARYのフォーラムでディスカッションにもご参加ください。以下の欄から、平和と紛争解決について皆さまのご意見もご投稿いただけます。

ロータリアン行動グループがどのように支援すれば、あなたのプロジェクトはより影響力あるものになるでしょうか?

RAG4Clubfoot、内反足のためのロータリアン行動グループより

世界では3分に1人の割合で、内反足の子どもが生まれています。その数は、毎年約 20 万人にのぼります。そうした子どもたちは、この障害により、運動したり、学校に歩いていったり、友人と一緒に遊んだり、大人になって働くことが制限される生活を余儀なくされています。

RAG4Clubfootのミッションはただ一つです。タイムリーにポンセティ 法治療と適切なケアを内反足で生まれたすべての子どもに提供することです。ポンセティ法は、米国アイオワ大学イグナシオ・ポンセティ氏が開発しました。この治療法は、訓練を受けた医療機関が正しく使用した場合、効果はほぼ100%に達し、内反足の標準治療法と考えられています。

082私たちはポンセティ法の専門知識を提供するパートナーとロータリアンをつなぎ、全国的な内反足プログラムが、地域で持続可能なものとして定着することを目的としています。アイオワ大学のポンセティ国際協会(Ponseti International Association:PIA)とともに、ポンセティ法の研修活動、教育資料、および他の内反足に関連する活動に対してガイダンスや技術的知識を提供するほか、新設された診療所における研修プログラム、そこで提供される治療の質をモニターし、評価する援助も行っています。

私たちのロータリアン行動グループは、実施国と援助国の補助金提唱者に対して、グローバル補助金の申請、グローバル補助金手続きの全体の流れの中で両者に何が期待されているかという研修に重点を置いたウェビナーを開催しています。私たちは、最近承認された2年間の職業研修チーム(VTT)に関するグローバル補助金金申請において、4420地区(ブラジル)と6000地区(米国アイオワ)を支援しました。プロジェクトの目標は、15人のトレーナーが50人の整形外科医にポンセティ法の技術訓練をする準備をすることです。

補助金申請の流れを通して、私たちは以下を提供します。

人と人を結ぶ

  • 私たちは、ロータリアンとPIAの連携をサポートしました。PIA は、国内・国外でポンセティ 法の資格のあるトレーナーを認定する専門的組織です。
  • 2015年6月にサンパウロ国際大会で顔合わせした後、私たちは、興味を示していた5300地区ガバナーに、プロジェクトの実施国側提唱者を紹介しました。5300地区は、プロジェクトに地区財団活動資金(DDF)を寄贈することになりました。

専門家へのアクセス

  • 私たちのパートナーを通じて、補助金提唱者と、専門家をつなぎ、補助金申請書の作成を支援しています。専門家たちは、ポンセティ法トレーニングの目的、トレーニングのカリキュラム、目標達成方法、長期的に結果をだせる持続可能性を詳細に説明する助けをします。

プロモーション

  • 私たちはRAG4Clubfoot(内反足のためのロータリアン行動グループ)プロジェクトを、 フェイスブックページのニュースレターを通じて推進しています。また、を ウェブサイトプロジェクトページを新設しました。この専用ページには、プロジェクトの進捗状況を詳細に掲載しています。

私たちは、このプロジェクト、またほか同様のプロジェクトも引き続き支援・推進し、すべてのロータリアンが、内反足で生まれたすべての子どもに治療提供する行動を起こすよう鼓舞したいと思います。同様なプロジェクトでも興味があるものに、ぜひ、参加ご連絡ください

ロータリアン行動グループに参加し、ロータリアンを強力に支援し、奉仕プロジェクトをより影響力のあるものにするため、皆さまの専門スキルや知識をご提供ください。ロータリアン行動グループは、専門スキル・知識をもつロータリアン、ロータリアンの家族、プログラム参加者と学友が自主的に集って行動しています。グループ会員は、サービスプロジェクトについてクラブ・地区と協力し、専門知識を共有します。すべての行動グループのリストを参照し、興味があるものに、早速ご連絡ください。

倫理的ジレンマ: あなたならどうする?あなたならどうする?

新たに引っ越してきたAさんは、地元の新クラブに創立会員として入会しました。クラブが2年目を迎えると、次年度のクラブ会長が配偶者(夫)をよく例会に連れてくるようになりました。この次期会長は、クラブのウェブサイトとメディアを担当する会員に不満を抱いており、自分の夫を名誉会員にして、夫にウェブサイトとメディアを管理してもらうようにする考えをクラブ理事会に持ちかけました。

この次期会長の夫は、ロータリーに入会して正会員となることには関心がないと明言しています。Aさんは、名誉会員という栄誉をこの人に与えることについて、クラブの理事と話をしてみました。この理事によると、次期会長の夫を名誉会員にするのは、ウェブサイトとメディア担当会員にクラブを退会してもらいたいからだというのです。正会員を辞めさせることへのクラブの意図を知ったAさんは、このことにショックを受け、地区ガバナーに知らせました。しかし、ガバナーは驚くこともなく、クラブに決定権があることをAさんに伝えました。

こんなとき、あなたならどうしますか?

___

このほかに倫理について意見交換できるトピックをご存知でしたら、Eメール(rotary.service@rotary.org)でご紹介ください。

災害救援の集中コース 体験レポート:奉仕への意欲を新たに

寄稿:ルーク・アディソン、ウィンチェスター・ローターアクトクラブ会員(英国)/RIBIローターアクト多地区連絡担当

私が初めてシェルターボックスについて知ったのは、2013年のことです。ウィンチェスター大学ローターアクトクラブ会長になったばかりだった私は、クラブの友人たちと一緒に地元と海外のプロジェクトに参加する計画を立てていました。そんな中、ウィンチェスター・ロータリークラブが私たちの活動を支援してくださり、とてもありがたい思いでした(それは今も同じです)。私たちローターアクトクラブのメンバーもロータリークラブの活動に参加し、とても強い絆が築かれました。あるとき、一人のロータリアンがシェルターボックスとその活動について説明してくださり、シェルターボックスのための募金をしてはどうかと提案されました。その数日後、私たちは朝7時にウィンチェスター大学のキャンパス内にシェルターボックスのテントをつくり、数時間、その横に立って募金活動をしました。

国際レベルでローターアクトとロータリーが緊密に協力するようになったここ数年間、私たちは多種多様なプロジェクトに参加し、世界中の多くの団体と協力しました。こうして、私の関心と意欲は人道的分野に注がれるようになりました。

luke-addison-sbox-usops-cse-4あるとき私は、3日間のシェルターボックス実践コースへの招待メールを受け取りました。このチャンスを断るわけにはいきません。すぐさま出席の旨を返信し、その数週間後には、スーツケースをもってトゥルーロ行の10時間の長距離バスに乗っていました。シェルターボックス本部に朝早く着いてしまった私が建物の外で待っていると、かわいそうに思った一人のスタッフが私を中に入れてくれました。コースが始まるのは正午でしたが、アレックス・ユルテンさんとほかの数人のスタッフが建物の中を案内しながら、シェルターボックスについていろいろと説明してくれました。このツアー中、理事会室で実際に行われていた会議を見学する機会にも恵まれました。会議では、シェルターボックスが現在使われている現場の状況や、世界の国際情勢に関する議論が行われており、私は夢中になって聞き入りました。しかも、まだコースは始まっていないのです。

会議の後、コースのほかの参加者たちと一緒にミニバスに乗り、研修キャンプに向かいました。組織に関する簡単な説明を受けた後、早速、屋外に3つのテントを組み立てる作業にとりかかりました。これらのテントが、これから2晩の私たちの寝床となります。

luke-addison-sbox-usops-cse-23日間のコースは、問題解決の活動、ハイキング、チームビルディングのゲーム、教室での批判的思考の訓練など、盛りだくさんの内容です。特に批判的思考の訓練は、目からうろこが出る経験でした。シェルターボックスの活動について学ぶことを予想していたものの、実際に彼らがしていることを、本当の意味で私は理解していなかったのです。この訓練で私たちは、人間の心理や災害時の反応について深く探り理解し、倫理的・道徳的なジレンマや、災害救援活動を効果的に運営する上で必要とされる強さと思いやりについても学びました。

また、寄付推進・コミュニケーションズ部長のリチャード・リーさんによるプレゼンも聞きました。このようなプレゼンは予想していませんでしたが、非常に興味深く、参加した全員が寄付推進の方法についてアイデアを出し合いました。

同じ人道的目標を掲げているシェルターボックスとロータリーは、16年以上にわたり、共通の倫理観と目標を通じてつながってきました。2つの組織は、持続可能な国際的プロジェクトのパートナーシップを築き、その関係はますます広がり、洗練されたものとなっています。このようなパートナーシップは、国際的な人道支援において貴重なものです。これにはもちろん、ローターアクターも含まれています。ローターアクターの若いエネルギー、思いやり、地元地域に関する知識が、シェルターボックスの多くの活動と災害救援に役立てられています。

スタッフの皆さんは、私たちをとても丁重に扱ってくださいました。このコースに招待していただいたこともありがたいですが、コース参加中にも本当にお世話になりました。既にシェルターボックスの一員になったような感覚を覚えています。私のような者を世界本部に招き、案内し、実際の戦略会議に出席させ、その後に3日間の研修でキャンプで研修を受けさせてくれた慈善団体は、これまで一つもありませんでした。本当に素晴らしい経験です。クラブとシェルターボックスの多くの協力方法について学ぶためにこのコースに参加することを、ぜひ皆さんにもお勧めします。

あらためて感謝し、シェルターボックスと再び活動できる日を楽しみにしています!

国連とのパートナーシップを通じた入会促進と意欲の向上

執筆:Helen Reisler and Andreas Runggatscher (ニューヨーク・ロータリークラブ会員)

私たちが所属するニューヨーク・ロータリークラブは、国連との深いつながりがある国際色豊かなクラブです。これまで、国連が困難に直面したときに支援したり、国連本部の設置をニューヨーク市に請願したりする際に、当クラブが重要な役割を果たしました。

この107年間で、世界中から何千人ものロータリアンが私たちの昼食例会を訪れ、事実、異国間で行われた初期のクラブバナー交換の一つは当クラブで行われたものでした。これまで多くの国連大使を輩出し、これらの方々はロータリーの名誉会員となっています。ポール・ハリスは、当クラブを「アメリカのホストクラブ」と呼びました。

当クラブでは月に1回、「平和のためのロータリアン行動グループ」やニューヨーク・ローターアクトクラブと一緒に、国連でインターナショナル朝食例会を開いています。ゲストを含め、ロータリアンならどなたでも、この例会にご出席いただけます。

ビジネスカジュアルの服装で行われるこの朝食例会は、情報交換、親睦、ネットワークづくりの機会に満ちており、ビュッフェの朝食を楽しむことができます。U字型にテーブルが配置されているので、40~60名の出席者は互いの顔や講演者をよく見ることができ、質疑応答にも積極的に参加できます。8月には、この朝食例会のライブ中継を開始しました(録画はこちら)。私たちの目標は、世界中のロータリアンとつながり、ロータリーファミリーの絆を強めることです。

この朝食例会に出席すれば、国連に関する情報を学び、国連の高官や加盟国代表と話ができます。話題は主に、世界平和と理解の促進を究極的な目標とする「持続可能な開発目標(SDG)」についてです。

この例会のモデレーターは現在、パストガバナーで国連への国際ロータリー代表であるヘレン・ライズラーさんと、韓国大使のハン・ジョンヒさんが担当しています。

最近では、以下の方々を講演者としてお招きしました。

  • Reza Hossaini: ユニセフのポリオ撲滅活動責任者
  • Madame Lakshmi Puri: 国連事務総長補佐、国連女性機関最高責任者代理
  • Prabha Sankaranarayan: Mediators Beyond Borders International最高責任者
  • E. Mr. Gholam Ali Khoshroo: 国連に対するイラン・イスラム共和国大使
  • Juan José Gómez Camacho: 国連のメキシコ常任委員

この朝食例会は、当クラブの入会促進、NGOとのパートナシップ開拓、ローターアクターの参加促進、国連とロータリーの協力に関する認識向上、ロータリーに対する会員の熱意向上に役立っています。

今後の例会やライブ中継に関する情報は、当クラブのウェブサイトをご覧ください。

倫理的ジレンマ:あなたならどうする?

あるクラブは、共通の目的をもつ地元団体とパートナーシップを結んでいます。会員Aさんは、パートナーシップの責任者として最善を尽くしています。また、このクラブには、以前この団体と協力したことがある会員Bさんがおり、パートナーシップの発展に熱心に取り組んでいます。ある日のこと、活動の進展に満足できないBさんが相手団体に電話をして、期待事項を伝えました。その後、相手団体の担当者から、Bさんの要求が強引すぎるとの苦情がAさんに届きました。Aさんは、Bさんの熱意に感謝しつつも、クラブのイメージを維持しながらパートナーシップを成功させるには、どうすればよいかと悩んでいます。こんなとき、あなたがAさんならどうしますか?