倫理的ジレンマ: あなたならどうする?

あなたのクラブの会員(Aさん)がロータリー国際大会で海外のロータリアンと友人となり、このロータリアンを招くアイデアを提案しています。海外からこのロータリアンを招くにあたり、Aさんはクラブの資金を利用したいと考えています。訪問自体はクラブのプログラムや活動とは関係ありませんが、この海外のロータリアンは例会に参加し、クラブが現在行っているプロジェクトをサポートする予定です。Aさんの希望は、新しくできた友人に自分の国の文化と価値観に触れてほしいというもので、ほかの会員にも昼食・夕食に招待したり、観光名所を案内するといった活動に協力してほしいと思っています。しかしあなたは、この海外からの訪問者をホストすることがクラブのメリットになるかどうか分からず、これらの一連の活動にクラブの資金を使うことを躊躇しています。こんなとき、あなたならどうしますか?

「倫理的ジレンマ:あなたならどうする?」のシナリオをご提供いただける方は、Eメールでご連絡ください(rotary.service@rotary.org)。

投稿者: rotaryservice

The Rotary Service Connections blog helps Rotarians plan effective and inspired service projects. If you have questions, comments, or story recommendations, contact us at rotary.service@rotary.org

“倫理的ジレンマ: あなたならどうする?” への 2 件のフィードバック

  1. このロータリアンと自クラブとの親交や、彼の所属クラブとの関係が低い場合は個人的な友好に留めるべきだと思います。

  2. ロータリアンをクラブに招くのに、海外の方であろうと国内の方であろうと、クラブの費用を使うべきでは無いと思います。
    来られたロータリアンを歓迎するための懇親会では、参加された方が自主的に費用を分担することは問題が無いと思います。

コメントを残す

以下に詳細を記入するか、アイコンをクリックしてログインしてください。

WordPress.com ロゴ

WordPress.com アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Twitter 画像

Twitter アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Facebook の写真

Facebook アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Google+ フォト

Google+ アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

%s と連携中